アーラフーズについて

私たちは安全で、自然で、健康的な乳製品を製造しています

酪農協同組合の会社として、私たちは高水準の動物福祉、品質管理、食品安全に取り組んでいます。 契約している全ての酪農家が、アーラフーズ独自の厳しい品質管理プログラム「アーラ・ガーデン」を遵守 しています。このプログラムは、牛が毎日健康な状態であることを確認し、高品質のミルクを安定的に供給することが含まれています。

私たちの始まりは1880年代までさかのぼります

自然、健康、高品質の乳製品を製造するという当社の哲学は、1880年代にデンマークとスウェーデンの酪農家が1つの共通の目標を持って力を合わせたときから始まりました。

7つの国の11,200軒の酪農家が所有

アーラフーズは酪農協同組合のため、収益はすべて酪農家に還元されます。 これは、消費者の方が当社の製品を購入すると、酪農家が提供するミルク1リットルごとにお金が均等に分配されることになります。 それも私たちの協同哲学の重要な部分です。

全てのステップを管理しています

アーラフーズは、ほとんどのミルクを協同の酪農家が生産しているため、集乳したミルクは万全のトレーサビリティ体制のもと厳しく管理されます。生産農家から各ステップはすべて記録され、いつでも追跡可能です。このシステムを利用して、常においしいミルクが供給できるようにしています。

抗生物質および成長ホルモンを使用しない

ヨーロッパの基準に沿って、アーラフーズの酪農家は生産するミルクの量を増やすために牛に成長ホルモンを与えません。 牛は元気に育ち、十分な餌を与え、世話をすると、毎日25〜30リットルの高品質で栄養価の高いミルクを生産できます。

環境への責任

アーラフーズは、環境にやさしい方法で、おいしい、高品質な乳製品を製造することを使命としています。信頼できる酪農家や他の協力パートナーと、その使命のもと持続可能な方法でアーラフーズのビジネスを成長させています。 そして最も重要なことは、アーラフーズは多くの人々の心配な事に耳を傾けます。アーラフーズは、2020年までに温室効果ガスを25%削減し、100%再生利用可能な包装材料を使用することに取り組んでいます。

持続可能な方法

酪農への私たちの取り組みは、健康で自然で安全な製品を持続可能な方法で、世界のどこの国にも供給することに基づいています。

品質管理

アーラフーズの酪農家が使用する飼料の大部分は、酪農家自身が生産しています。これにより、トラックなどの輸送が少なくなり、二酸化炭素排出量が削減されます。酪農家自身が牛の飼料を生産するとき、彼らは牛に与える飼料の品質管理も行い、持続可能で一貫した高品質なミルクの生産を可能にします。